2007年03月07日

崖登り5

デスパイア型マップ崖登りその4

C3.JPG

■引っ掛かりを利用する登り方(推奨)
■1ジャンプでの登り方1
■1ジャンプでの登り方2(ハイド登り可)




引っ掛かりを利用する登り方

C3-13-1.JPG

まずは青サークルの部分まで歩いて移動します。
位置は大体で構いません。

C3-13-2.JPG

青サークル部分まで歩いて移動したら、
そこから赤サークルがある部分の崖に向かってジャンプして引っかかります。
よっぽど高い位置へ着地しない限りは引っかかれると思います。
ここは崖に引っかかることが目的なので、ある程度引っかかり位置が低くても問題ありません

C3-13-3.JPG

上手く崖に引っかかれたら、そのまま緑ゾーンへ向かってジャンプ
左右の赤ゾーンは滑るので注意。

緑ゾーンへ着地出来たらそのまま緑ゾーン内を歩いて上がりましょう。


640x480サイズ版
http://opupu.up.seesaa.net/image/C3-13.wmv

引っ掛かりを利用するといっても非常に簡単な崖登りです。
通常のV字では北から戻る場合の移動時間短縮に。

新デスパイアでは攻めの場合ここの崖で移動時間短縮出来るかどうかが鍵になりそうです。
簡単なので必ず覚えて使いましょう。



1ジャンプの登り方1

C3-14-1.JPG

まずは赤サークル部分まで歩いて登ります。
一定のカメラ角度でないと登れませんが、前進しながらカメラ角度を左右に変えるとすぐ登れる角度が見つけられると思います。

C3-14-2.JPG

実際に登ると大体こんな感じです。
ちなみに登り過ぎると滑って落ちてしまうので、ある程度登れば充分です。

C3-14-3.JPG

赤サークル辺りまで登れたら視点を右に回します。
そしてここからの視点だと分かり難いですが、滑る赤ゾーンを飛び越えるようにジャンプして緑ゾーンへ。
この際視点が右側すぎると緑ゾーンまでも飛び越えて奥の赤ゾーンへ着地してしまい滑り落ちるので注意。

C3-14-4.JPG

上手く緑ゾーンに着地出来たら、そのまま緑ゾーン内を歩いて上がりましょう。


640x480サイズ版
http://opupu.up.seesaa.net/image/C3-14.wmv

引っ掛かりが苦手な人はこの方法でもいいんですが、
引っ掛かりを利用したほうがさくっと登れるので練習することをオススメします。




1ジャンプで登れる登り方2(ハイド登り可)

C3-12-1.JPG

まずは赤サークル部分まで歩いて登ります。
一定のカメラ角度でないと登れませんが、前進しながらカメラ角度を左右に変えるとすぐ登れる角度が見つけられると思います。

C3-12-2.JPG

登るのは大体この辺りまで。
登り過ぎると滑り落ちてしまいます。

普通に登る場合は、この場所から緑ゾーンへ向かってジャンプすれば登れます。
ですがハイド状態で登る場合は多少シビアになります。

ハイド状態で登る場合は画像でも分かりやすくしてありますが
緑ゾーンの下の崖の黒い模様の右側にAIMモードの照準を合わせます。
あとはそのままハイド状態で前ジャンプをすれば結構ギリギリですが緑ゾーンへ着地できます。

C3-12-3.JPG

緑ゾーンへ着地出来たら、後は緑ゾーン内を歩いて上がりましょう。


640x480サイズ版
http://opupu.up.seesaa.net/image/C3-12.wmv

ハイド状態のまま登らなければいけない状況というのがほぼありませんが、一応登れますと。
posted by おぷん at 19:10| Comment(1) | 崖登り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
位置調整が面倒になりますが、ナイトの状態でも登れるので輸送が少しだけ早くなります。
調整に手間取れば遅くなりますが。
Posted by at 2014年03月08日 02:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。