2007年06月06日

座りジャンプ

崖登りの成功率が飛躍的にあがる座りモーションジャンプについて

http://netzawar.gamedb.info/wiki/?MAP%B9%B6%CE%AC%2F%B3%B3%C5%D0%A4%EA%BE%F0%CA%F3%28%B2%BE%29#d03a1c06

詳しくはリンク先の成功のコツ 項目の「しゃがみ→ジャンプを利用する」を参照。

一応自分なりにも説明。

>>「1回目のジャンプで崖に1度引っ掛け、2回目のジャンプで上るタイプの崖登り」では、
>>2回目のジャンプをする際、W+スペースキーの同時押しをミスすると以下のどれかになります。

>>1.スペースキーが早すぎ、その場で垂直ジャンプする(+着地後ずり落ちる場合も)
>>2.Wキーが早すぎ、その場でずり落ちる
>>3.Wキーが少し早く、少しずり落ちてから前方ジャンプする

>>難度の高い崖登りだと、これら全てのケースで失敗確定となります。


(ネツァワル王国wiki崖登り情報 成功のコツ項目より抜粋。)


崖登りが慣れるまで難しい原因の1つですね。
そしてこれを解決するのが座りジャンプ。

FE314.GIF

Cキーを押して座り始めてから座り終えるまでのモーション。
このモーションの最中は移動キー(WASD)を入力してもキャラクターは移動しないんですが、
ジャンプと移動キーによる方向指定は可能なので、崖に引っかかってからこの方法を使うと
キー入力タイミングのズレによるキャラ移動が無くなり、引っかかった場所から確実にジャンプが可能となります。

ちなみに座り始めてからどのぐらい移動を受け付けないかというと

FE315.GIF

(座り始めてからずっとDキーを押しっぱなしです)

大体このぐらいで、約1秒ってところでしょうか。
つまりその1秒ぐらいの間にWキーを押しっぱなしでジャンプキーを押せばいいわけです。

GIF動画で見ても少し分かりづらいと思うので
実際に座り始めてから移動キーを押しっぱなしでどのぐらい動けないか試してみるとよくわかります。


この方法を使えば引っかかる位置とジャンプ時のカメラ角度だけが重要になるので
それさえ分かるようになればV字の[H:8]や[H:5]の右側からの崖登りでも8割〜9割の成功率を叩き出せます。

崖登り講習会でも引っかかりからのジャンプがネックで、
そこに手間取る人が多く見られたので是非皆さん覚えて使いましょう。


と勝手に抜粋したりして書いてみましたがやはりwikiのが分かりやすいと思います。
posted by おぷん at 21:46| Comment(0) | 崖登り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。