2007年07月29日

崖登り95

街道マップ崖登り3

NicH7.JPG

H6-10-1.JPG

ここは壁の設置が必須です。
画像が大体の登るルート

■壁の建設
■登り方
■壁と崖の間に落ちた場合の脱出法(必須)
 
 


壁の建設

まずは壁を建てないと始まりません。

H6-10-12.JPG

青サークルの位置から南を向いて壁を建設すると上手く建てられます。
崖の模様がわりと分かりやすいので覚えやすいと思います

H6-10-13.JPG

実際に青サークルの位置から壁を建設するとこんな感じです。
建設する時は壁の右側の部分を見て位置を調整するといいです。



登り方

H6-10-2.JPG

まずは壁の右側部分へ。
そして青サークル部分が乗れるようになってるのでそこへジャンプして乗ります。

H6-10-3.JPG

このように上手く青サークル部分に乗れたら、
今度は崖のの部分へ目掛けて何回か前ジャンプをします。
そうすると崖にぶつかりながらちょっとずつ上の方へ登っていけます。
これを何回か繰り返してある程度高い位置まで登ります。

H6-10-4.JPG

ある程度高い位置まで登ったら、視点を回して完全に壁の方を向きます。
上の画像はあまり参考にならなくて申し訳ない。

壁の方を向いたらそのまま壁に向かってジャンプして壁の上へ登ります。

H6-10-5.JPG

上手く壁の上に登れたら壁の上を歩いて奥へ進みます。

H6-10-6.JPG

奥へ進んだら、今度は奥の崖の赤サークル部分に引っかかるようにジャンプします。

一応壁の上を一番奥まで進んでからSキー1回押しで下がると
ジャンプするのに丁度いい位置へ行けますが、
何故か下がる時に変なところに引っかかったりして思うように下がれない場合もあります。

H6-10-7.JPG

崖に上手く引っかかれたら視点を左に90度ほど回します。
そして旗が邪魔になりますが、緑サークル部分へ向かってジャンプ

H6-10-8.JPG

上手くいけばここの三角の緑ゾーンに着地できます。
この中は滑りませんが、周りの赤ゾーンは全て滑るので注意しましょう。

三角の緑ゾーンへ着地できたら、後はもう1回ジャンプして一番上まで登りきりましょう。


640x480サイズ版
http://opupu.up.seesaa.net/image/FE46-1.wmv

通常では登れない[H:7]の崖を壁を使ってなんとか登れるようにした物です。
登り方が難しいので一般運用は難しいと思いますが、
登り方を知ってる人4人〜5人ぐらいで一気に登れれば
崖上のオベ破壊や奇襲として活かせるんじゃないでしょうか。




壁と崖の間に落ちた場合の脱出法

実は非常に重要です。
これを覚えておかないと登ってる最中にミスって壁と崖の間に落ちると出れなくなります。

H6-10-14.JPG

まず落ちる可能性があるのはこの部分

H6-10-9.JPG

落ちるとこんな感じになってます。
もしここに落ちてしまったら、まずは青サークル
の部分まで移動します。
ジャンプでいってもいいんですが、黄色ラインの内側なら滑らないので歩いていけます。

H6-10-10.JPG

青サークル部分まで登るとこんな感じです。
ここまで来れたら視点を180度回して後ろを向きます。

H6-10-11.JPG

後はそのまま壁に向かってジャンプして壁の上へ戻りましょう。
もし壁にぶつかってしまうようなら、少し視点を左右に回して斜めに飛ぶといいです。

他にもう1箇所西側から出れる場所もあるんですが、ここが一番簡単だと思われます。
posted by おぷん at 11:59| Comment(3) | 崖登り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もし味方が建てても近寄らないようにしとこ…(>_<)
Posted by ちはや at 2007年07月30日 00:17
なんという私…これは間違いなく登れていない。
この動画見ながら(機会があったら)練習します。
Posted by いふ at 2007年07月30日 10:35
>>ちはやさん
練習して登れるようになるのが一番なんですけどね。
さすがにこれは普通の崖登りとはちょっと違うからそれが無難かも

>>いふさんブログ見てますさん
練習あるのみ!っていっても中々練習できないんですよねこれ。
実戦でこの壁を見ることになるのはいつになるだろう・・・
Posted by おぷぷん at 2007年07月30日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。